Dr. Tairaのブログ

生命と環境、微生物、科学と教育、生活科学、時事ネタなどに関する記事紹介

下げ止まりの時こそ行なうべき強化策

前のブログ記事(→感染五輪の様相を呈してきた)で、このまま6月20日緊急事態宣言が解除されて東京五輪が開催されれば、デルタ型変異ウイルスによるリバウンド(感染拡大)につながる感染五輪になることを指摘しました。感染拡大を抑える効果的対策はワクチン接種ですが、これは間に合いそうもありませんし、デルタ株に対してどの程度効果があるかも未確定です。

今は全国的に新規感染者に減少しつつありますが、東京では下げ止まりの傾向が見られ、20–30代に限ればすでにリバウンドが始まっているようです。こういう時だからこそ、今のうちに政府や東京都は強化策を打ち出し、五輪開催による人流増加に伴う感染被害を最小限に留める必要があるでしょう。

図1は東京都の新規陽性者数の推移を示します。これまで4回のピークを示す流行の波がありましたが、その谷間にある期間の週間移動平均最低値は昨年の5月で約20人、10月で約150人、今年3月で約300人であり、現在は約380人です。このように谷間のバックグランド値は流行を重ねるごとに高くなっており、かつ間隔が短くなっています

f:id:rplroseus:20210614213537j:plain

図1. 東京都における新規陽性者数の推移(2021.06.14. テレビ朝日「モーニングショー」より、筆者加筆).

バックグランドが高ければ高いほど次にくる流行ピークは高くなる傾向にありますが、第4波は第3波ほどの高さにはなりませんでした。これは、東京では緊急事態宣言の発出が早めに行なわれたことで人流がある程度抑制されたことと、変異ウイルスN501Yの侵入が遅れたためと考えられます。

一方で、緊急事態発出が遅れた大阪や周囲の関西県では、最悪の感染拡大と医療崩壊を招きました。感染流行の下げ止まりのときに緊急宣言を解除したまま何も強化策を打たなければリバウンドを招くと、このブログでも警鐘を鳴らしましたが(大阪府の勘違い−緊急事態宣言解除要請緊急事態宣言解除後の感染急拡大への懸念)、残念ながらそのとおりになってしまいました。

ここに強い教訓があります。感染がまん延してしまえば積極的疫学調査による追跡・検査は機能しにくくなります。感染者数が少なくなった時こそこの調査を拡大する残されたチャンスと言えます。ではどのように行なうべきか、ここで考えてみたいと思います。追跡・検査をする場合の重要な点は以下の4点です。

一つ目は濃厚接触の定義を縛りを外して、マスク着用に関わらず一次感染者と15分以上の接触していた人にまで検査を広げるべきです。不思議なことに、現在はマスク着用していれば濃厚接触者に該当しません。感染力の強い変異ウイルスによる空気感染の可能性を考えれば、これはおかしいです。

5月には「感染者の85%がマスクなしで会話や飲食で感染」と福井県知事が発言し、菅首相が大いに参考にすべきと賞賛していましたが [1]、何のことはない、マスクをしていれば濃厚接触者になりませんので最初から調べていない可能性が高いのです。自ずから陽性者の大部分はマスクなしになります。

二つ目は、これはもう1年以上前から指摘していますが(→あらためて日本のPCR検査方針への疑問)、スーパースプレッダーが発生した周辺は、濃厚接触者に関わりなく徹底的に調べることです。スーパースプレッダーかどうかは、リアルタイムPCRのCt値である程度判断できます。たとえばCt値20以下(あるいは25以下)の陽性者が発生した場合には、濃厚接触者のみならず、その陽性者の職場や関係する場所・人まで検査対象広げることが重要です。

前のブログ記事(→感染者の2%がウイルス伝播の90%に関わる)でも紹介したように、ウイルス感染の90%は、たった2%の無症状のスーパースプレッダーによって拡散している可能性があります [2]。ここを抑えるのが肝です。

三つ目は、検査・追跡の機能していることを保障するために検査陽性率をできる限り下げることです(たとえば3%以下)。このためには一定水準の検査数を維持する必要がありますが、なぜか東京都は5月のピーク時から検査数を減らし続けており(図2左)、減少率は1週間の移動平均で約30%にもなります。陽性率も4%と依然として高いです(図2右)。

東京都の場合、いま400人前後の新規陽性者数だとすれば、陽性率3%とするには1日13,000件以上の検査数を維持することが必要になります。

f:id:rplroseus:20210614213556j:plain

図2. 東京都における検査数と陽性率の推移(2021.06.14. TBSテレビ「Nスタ」より) 

四つ目はデルタ型変異ウイルスの検査対象を拡大することです。現在の陽性者中の検査割合はまったく足らず、デルタ型の広がり方を察知する体勢になっていません。陽性者の半分は検査する必要があるでしょう。そして、スーパースプレッダー周辺およびデルタ型検出周辺の検査を徹底的に追跡・検査することが重要です。

現在東京都の新規陽性者の6割以上は感染経路不明であり、上述したように、年代別では20代の感染者が増加しています。これは行動範囲の広い若者が、たとえマスクをしていたにもかかわらず、どこで感染したかわからないというケースが増えていることを暗示します。空気感染力の強いデルタ型変異ウイルスの感染が広がっているかもしれないということではないでしょうか。

これは従来の3密などのクラスターが発生しやすい場所だけに拘泥していると、デルタ型による空気感染の広がりを見過ごしてしまうこともなりかねません。満員電車、デパートなどの商業施設、競技スタジアムなどの人が集まりやすい場所について今まで以上に気をつける必要があると思います。このような場所は、仮にクラスターが発生していたとしてもわかりようがないのです。空気感染どころか"fleeting" infection(すれ違い感染)にさえ注意しなくてはならないかもしれません。

菅首相の頭には、感染対策としてもうワクチンしかありません。そして、マスコミのワクチン接種加速の報道が、すぐにでも感染拡大抑制に向かうような国民への誤ったメッセージにもなりかねない状況です。ワクチンではデルタ型ウイルスの流行は、まだ抑えられないのです。

政府や五輪組織員会は、どうも観客を入れた五輪開催に突き進もうとしています。マスコミや専門家の口から出てくるそれらに対する感染対策も、人流をどうするかに焦点が当てられ、検査・追跡の拡大は忘れられている感さえあります。

政府は緊急事態宣言解除の後はまん延防止措置で対応しようとしているようですが、上記のような検査・追跡の強化策がなければ、必ずや、解除後の人流増加とともに1ヶ月以内に本格的なリバウンドを許すことになるでしょう。それもデルタ型変異ウイルスを中心として強烈な感染拡大になるはずです。まさに感染五輪と化すことでしょう。もうその兆候は出ています。

引用文献・記事

[1] NHK NEWS WEB: 福井県 感染者の85%がマスクなしで会話や飲食で感染か. 2021.05.15. https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210515/k10013033081000.html

[2] Yang, Q. et al.: Just 2% of SARS-CoV-2−positive individuals carry 90% of the virus circulating in communities. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 118, e2104547118 (2021). https://doi.org/10.1073/pnas.2104547118

引用した拙著ブログ記事

2021年6月13日 感染五輪の様相を呈してきた

2021年5月25日 感染者の2%がウイルス伝播の90%に関わる

2021年3月23日 緊急事態宣言解除後の感染急拡大への懸念

2021年2月25日 大阪府の勘違い−緊急事態宣言解除要請

2020年4月6日 あらためて日本のPCR検査方針への疑問

                

カテゴリー:感染症とCOVID-19