Dr. Tairaのブログ

生命と環境、微生物、科学と教育、生活科学、時事ネタなどに関する記事紹介

この夏の第7波?流行

このところ来る参院選の論戦が熱を帯びてきましたが、各政党の党首が掲げる公約にはコロナあるいはCOVID-19という言葉はほとんど出てきません。今は物価高で賃金も停滞のままですから、物価高対策に焦点が行くのは当然なのですが、それにしても国民の意識から遠ざけるようなことだけにはなってほしくありません。

世の中もコロナはもう終わったような雰囲気ですが、もちろんパンデミックはまだ収束していません。それどころか、新規陽性者数は下げ止まりの様相を見せ、リバウンド傾向にあります。COVID-19は全身性の長期症状をもたらし、神経変性疾患のリスクも高くなり、就労にも影響を与えるということがわかってきたいま、かつ高齢者にとっても依然として高い致死率を考えると、いま一度意識を引き締める必要があるのです。

このような状況を鑑みて、先日、私は以下のようにツイートしました。

リバウンド傾向はフランスをはじめとするヨーロッパ諸国で顕著であり、多くの国で新規陽性者数が増加傾向にあります(図1)。日本では、新型コロナウイルスの水際対策が6月1日から大幅に緩和され、6月10日からは入国制限緩和も始まりました [1]。海外からのウイルス持ち込みの機会はこれから激増するでしょう。

図1. ヨーロッパ諸国における感染事例の推移(Our World in Dataより転載).

そして、あまり専門家も指摘しないことですが、日本と米国の流行の波が連動している傾向があります。これについて、私は以下のようにツイートしました。米国からの観光客や帰国者に加えて、検疫を通らない米軍関係者の影響もあるかもしれません。米国でも感染者のリバウンドが起こっていますので、日本にその影響があるでしょう。

ヨーロッパで新たに感染者の急増を引き起こしているのが、SARS-CoV-2 オミクロン変異体の亜系統であるBA.4BA.5であり [2]、米国ではB2.12.1が主流です。これらの変異体は重症化度については不明ですが、感染力が従来のオミクロンより強いと言われています [3]

東京ではすでに感染者の10%以上をBA.5が占めており、宮城 [4]、大阪 [5]、鹿児島 [6]、沖縄 [7] を含む12の都府県で見つかっています。昨年の東京五輪大会前と同じように、これからの本格的な夏に向けて第7波の流行が襲ってくるでしょう。

医療専門家の間では、COVID-19を、感染症法における現在の2類相当から5類相当へ変更すべきという意見が出されています。また、医者のなかには、「新型コロナ感染症はすでに私たちの脅威ではなくなっています」、「よっぽどでないと簡易抗原も行いません。治ればよいのですから検査する必要はありません」ということを言い出す人もいます [8]

しかし、医者が、感染症の流行や病気を甘くみるような、一般人の油断を許すような個人的見解を軽々しく述べるべきではありません。上述したように、長期症状を起こし、高齢者・基礎疾患を持つ人のみならず幼児・小児にも時として重症化を呈するこの感染症は、その脅威を保ち続けています。鳴り物入りで導入された遺伝子ワクチンも、結局ゲームチェンジャーとはなり得ず、かえってネガティヴな影響を心配しなければならない状況になっています。決定的な治療薬もありません。

世界保健機関 (WHO) が制定した実験室生物安全指針では、病原体の危険性に応じて4段階のリスクグループが定められており、そのリスクに応じた取り扱い(バイオセーフティー、BSL)レベルが定められています。SASR-CoV-2は、SARSウイルス、MERSウイルス、鳥インフルエンザウイルスと同じく、上から2番目のリスクグループ3(BSLレベル3)に分類されています。ちなみに普通のインフルエンザウイルスのカテゴリーは、一つ下位のリスクグループ2(BSL2)です。

日本の感染症の取り扱いでは、これまでリスクグループ3による感染症は、すべて2–3類感染症として分類されています。リスクグループ3のウイルスは、それだけ、危険な病原体であるということです。その感染症が脅威でなくなったということは、少なくとも現時点ではありません。リスクグループ3の感染症が5類相当になった前例はありません

引用記事

[1] NHK首都圏ナビ: 入国制限緩和 外国人観光客も受け入れ再開 日本からの海外旅行は? 2022.06.07. https://www.nhk.or.jp/shutoken/newsup/20220601b.html

[2] Roberts, M.: BA.4 and BA.5 Omicron: How worried should we be? BBC News June 15, 2022. https://www.bbc.com/news/health-55659820

[3] 国立感染症研究所: 感染・伝播性の増加や抗原性の変化が懸念される 新型コロナウイルスSARS-CoV-2)の変異株について (第17報). 2020.06.03. https://www.niid.go.jp/niid/ja/2019-ncov/2551-cepr/11180-covid19-17.html

[4] 河北新報: オミクロン株派生型「BA・5」宮城初確認. 2022.06.17. https://kahoku.news/articles/20220617khn000030.html

[5] NHK NEWS WEB: 大阪府 新型コロナ 新たな変異ウイルス「BA.5」2人確認. 2202.06.20. https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20220620/2000062530.html

[6] 南日本新聞: 鹿児島でオミクロン株派生型2種を初確認 BA・5とBA・2.12.1に計4人感染、全員軽症 新型コロナ. 2022.06.21. https://373news.com/_news/storyid/158083/

[7] 沖縄タイムス: オミクロンの新たな派生型「BA・5」沖縄で4人初確認 県「市中感染の可能性ある」2022.06.21. https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/978392

[8] 大和田潔: 「マスクは人の目を気にして着用するものではない」現役医師が"マスク離れ"できない人たちに伝えたいこと. PRESIDENT Online 2022.06.12. https://president.jp/articles/-/58491

                    

カテゴリー:感染症とCOVID-19 (2022年)