Dr. Tairaのブログ

生命と環境、微生物、科学と教育、生活科学、時事ネタなどに関する記事紹介

mRNAワクチンの感染予防効果

現在、先進諸国を中心に新型コロナウイルス感染症COVID19に対するワクチン接種が急速に進行中です。ワクチンの主体は、米製薬大手ファイザー社や米バイオ企業モデルナ社のmRNAワクチンです。思えば、このブログでmRNAワクチンに言及したのが1年前ですが(→集団免疫とワクチンーCOVID-19抑制へ向けての潮流)、その時はこんなにも早く接種が実現するとは想像もできませんでした。

疾病対策センター(CDC)は、3月29日、ファイザーとモデルナのmRNAワクチンが発症のみならず、感染防止にも有効だという暫定調査結果を発表しました [1]。この調査結果は日本の新聞も取りあげています [2]

CDCの調査は、米国6州の医療従事者ら3950人を対象として、昨年12月14日から今年3月13日まで13週にわたって行なわれ、未接種の人、1回のみ接種した人、2回接種した人について感染割合が比較分析されました。感染の有無は、自主採取された参加者の鼻腔ぬぐい検体をRT-PCRにかけて、SARS-CoV-2遺伝子が検出されるかどうかで判定しています。その結果、感染予防効果は1回目の接種から2週間以上経過した後に80%の参加者にみられ、2回目の接種から2週間以上たった後には90%の参加者にみられました。

ファイザーはすでに、イスラエルでの接種で無症状の感染を予防する効果が94%に上ったことを発表していますので、CDCの調査結果はこれに類似するということが言えます。今回の調査についてCDCの調査チームは、米国のワクチン接種の取り組みが効果を上げていることの証明としています。

mRNAのワクチンの感染予防効果は、今日のテレビの情報番組でも伝えていました。英国は最も早くワクチン接種(ファイザーおよびビオンテック)を開始した国ですが [3]、少なくとも1回接種を終えた人が人口の45.5%に達し、新規陽性者数、死者数とも急激に減少しています(図1図2)。この減少は、ワクチン接種率が10%をちょっと超えたヨーロッパの国々と比べると、その差が顕著です。

f:id:rplroseus:20210402133602j:plain

図1. テレビ情報番組が伝えるmRNAワクチンの感染予防効果(2021.04.02. TBS「ひるおび」)

f:id:rplroseus:20210402134513j:plain

図2. 英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインにおける100万人当たりの感染者数の推移(新規陽性者数の7日間移動平均、Our World in Dataより).

一方、日本でもファイザー社のワクチン接種が開始されていますが、現在の接種率は人口の0.1%程度です。別のテレビ情報番組では、ワクチン接種が与える東京都の感染者数への影響に関するシミュレーション結果を示していました(図3)。それによれば、これから毎日11万5千人が接種を受けたとしても、5月中旬をピークとする第4波の感染拡大は避けられず、東京五輪(できるかどうかわかりませんが)後の第5波を避けられる程度であると示されていました。

f:id:rplroseus:20210402133631j:plain

図1. テレビ情報番組が伝える東京都感染者数に与えるワクチン効果の影響のシミュレーション(2021.04.02. テレビ朝日「モーニングショー」).

mRNAワクチンは今のところ、感染予防効果があるという結果が顕著に出ています。一方で日本はワクチン戦略に失敗し、先進諸国と比べて完全に出遅れてしまいました。第4波、第5波に向けて、しばらくは強力な感染症対策を進めるしかありませんが、当初から検査・隔離も含めた防疫対策はきわめて心もとないです。 

引用文献・資料

[1] Centers for Disease Control and Prevention (CDC): CDC Real-World Study Confirms Protective Benefits of mRNA COVID-19 Vaccines. Mar. 29, 2021. https://www.cdc.gov/media/releases/2021/p0329-COVID-19-Vaccines.html

[2] 蒔田一彦: ファイザー製とモデルナ製、ワクチンが感染も予防…2回接種で効果90%. 読売新聞 2021.03.30. https://www.yomiuri.co.jp/medical/20210330-OYT1T50125/

[3] BBC News Japan: イギリスで新型コロナウイルスのワクチン接種開始 米ファイザー製. 2020.12.08. https://www.bbc.com/japanese/55226431

引用した拙著ブログ記事

2020年3月21日 集団免疫とワクチンーCOVID-19抑制へ向けての潮流

               

カテゴリー:感染症とCOVID-19